コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咄咄 トツトツ

デジタル大辞泉の解説

とつ‐とつ【××咄】

《「とつ」を重ねていう語》
[副]驚いたりくやしがったりするさま。またそのために舌打ちをしたり声を発したりするさま。
「―、何等の悲痛なる話ぞや」〈独歩・欺かざるの記〉
[形動タリ]に同じ。
「―と𠮟(しっ)し給ふに」〈太平記・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とつとつ【咄咄】

( 副 )
舌うちをするさま。 「之を讃美せざるは、-日本人の本色にあらず/日本風景論 重昂
怒ったり、おどろいたりするさま。 「 -、何等の物乎ものか、と先づ驚かさるる異形の屛風巌/金色夜叉 紅葉
( 形動タリ )
驚いて嘆声を発するさま。また、叱咤しつたしたり舌打ちしたりするさま。 「舎利弗しやりほつ、一音をいだして-と叱し給ふに/太平記 24
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

咄咄の関連キーワード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android