(読み)とつ

精選版 日本国語大辞典「咄」の解説

とつ【咄】

〘感動〙 不満、注意、驚きなどの気持を込めて発することば。舌打ちの音を表わす語。ちょっ。
※談義本・教訓雑長持(1752)四「其後の事は未審(いぶかし)。怎麽(いか)なるかしらず。咄(トツ)
※江戸繁昌記(1832‐36)三「咄(とツ)、何の揚気ぞ。臍下、茶を沸す」 〔漢書‐東方朔伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「咄」の解説

とつ【咄】[漢字項目]

[音]トツ(漢) [訓]はなし
〈トツ〉舌打ちする音。「咄嗟とっさ咄咄
〈はなし(ばなし)〉落とし話。「咄家はなしか小咄三題咄

とつ【×咄】

[感]《舌打ちの音から》
激しくしかるときに発する語。ちょっ。
「—、国賊」〈木下尚江良人の自白
事の意外さに驚き怪しむときに発する語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android