コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何等 ナニラ

4件 の用語解説(何等の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なに‐ら【何等】

[副]なんら」に同じ。
「―の事柄を以てする歟(か)」〈逍遥小説神髄

なん‐ら【何等】

[副]《「なにら」の音変化》
(あとに打消しの表現を伴って)まったく。少しも。「何等恥じるところはない」
(「なんらの…もない」などの形で)ほんの少し。わずか。「何等の利益もない」
「なんらの」の形で、あとの語の内容を強調する。なんという。
「―の至幸、―の快事」〈織田訳・花柳春話〉
(「なんらの…か」などの形で)どのよう。どれほど。
「其胸中には―の感想が往来してたであろうか」〈木下尚江火の柱

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なにら【何等】

( 副 )
なんら(何等) 」に同じ。

なんら【何等】

( 副 )
〔「なにら(何等)」の転〕
(下に打ち消しを伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。少しも。なにも。 「 -心配はない」 「 -の問題もない」 「 -恥じることではない」
(「なんらの」の形で)なんという。 「 -の至幸、-の快事/花柳春話 純一郎

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

何等の関連情報