コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和協信条書 わきょうしんじょうしょKonkordienbuch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和協信条書
わきょうしんじょうしょ
Konkordienbuch

和協信条成立後集成されたルター派教会の信条の集大成。 1580年ドレスデンでドイツ語で出版され,84年ラテン語版が出された。選帝侯主教王侯,貴族,35の自由市の代表が署名した序文,使徒,ニカイアアタナシウスの3信条,改変されていない 30年のアウクスブルク信条,その弁証論,36~37年のシュマルカルデン条項,P.メランヒトンの教皇論,ルター大小教理問答和協信条,初期教会教父の抜粋から成り,ルター派領邦教会の 86の代表と約 8000人の牧師,教師らが署名したが,特にドイツ以外では反対が多く,拒否した教会もある。しかし,これによってルター派は教義の重要性を認識するところとなり,教義の正統性を主張する立場を確定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和協信条書の関連キーワードキルヒナー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android