和徳門院(読み)かとくもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「和徳門院」の解説

和徳門院 かとくもんいん

1234-1290* 鎌倉時代,仲恭天皇皇女
文暦(ぶんりゃく)元年生まれ。母は法印性慶の娘右京大夫局(うきょうのだいぶのつぼね)。正嘉(しょうか)元年内親王。弘長(こうちょう)元年准三宮(じゅさんぐう)となり,院号をあたえられた。正応(しょうおう)2年12月7日死去。56歳。名は義子

和徳門院 わとくもんいん

かとくもんいん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android