コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山だいこん

デジタル大辞泉プラスの解説

和歌山だいこん

和歌山県で生産されるダイコン。江戸時代から当地で盛んに栽培されていたダイコンについて、大正期に県農事試験場が系統特性調査を実施し、野崎系、御膳松系を優良種として命名したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

和歌山だいこん[根菜・土物類]
わかやまだいこん

近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
主に和歌山市で生産されている。紀州白・尻太和歌山・紀州青首・和歌山など白上り群に属するだいこんの総称。純白で肉質豊か。江戸時代中期、参勤交代の際に江戸から持ち込まれたものが起源といわれる。大正時代には農事試験場が調査を実施。度重なる系統選抜を経て1919(大正8)年、和歌山大根1号・和歌山大根2号が育成され、漬物用として人気を博した。昭和30年代までは盛んに生産されていたが、青首大根の普及により、栽培は減少。近年は農家の自家用や漬物業者の契約栽培として生産されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

和歌山だいこんの関連キーワード近畿地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android