コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気明重 わけの あきしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気明重 わけの-あきしげ

?-1519 戦国時代の医師。
丹波重長(しげなが)の長男。和気明茂の養子となり,和気・丹波両家の医術をおさめた。典薬頭(てんやくのかみ),施薬院使。のち従三位。直綴(じきとつ)白袴(しろばかま)の着用をゆるされる。永正(えいしょう)16年死去。弟の半井(なからい)が跡をついだ。法名宗鑑。号は半醒軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和気明重の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android