和気明重(読み)わけの あきしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気明重 わけの-あきしげ

?-1519 戦国時代の医師。
丹波重長(しげなが)の長男。和気明茂の養子となり,和気・丹波両家の医術をおさめた。典薬頭(てんやくのかみ),施薬院使。のち従三位。直綴(じきとつ)白袴(しろばかま)の着用をゆるされる。永正(えいしょう)16年死去。弟の半井(なからい)が跡をついだ。法名は宗鑑。号は半醒軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android