コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗鑑 ソウカン

百科事典マイペディアの解説

宗鑑【そうかん】

室町後期の連歌師俳人。本名支那弥三郎範重(または範永,範長)。近江(おうみ)の人で,足利義尚に仕え,のち出家して京都山崎隠棲(いんせい)したとされ,このため山崎宗鑑と呼ばれるが,伝記は不詳。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうかん【宗鑑】

1460ころ‐1540ころ(寛正1ころ‐天文9ころ)
室町後期の俳人,連歌師。生没年を含め伝記の詳細は不明で,本名は支那範重あるいは範永(範長)。近江源氏佐々木氏の出で,将軍足利義尚(義輝とも)に出仕,のち出家して尼崎,山城国薪の地を経て同国の洛西山崎に対月庵(妙喜庵)を結んだと伝え,山崎宗鑑とよばれる。若年のころに宗祇,肖柏らと一座した連歌作品も残るが,名を高めたのは俳諧における活躍で,《守武(もりたけ)千句跋文や《宗長手記》はその姿をよく伝えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗鑑
そうかん

山崎宗鑑」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗鑑
そうかん
(?―1539/40)

室町後期の俳人、書家。確実な伝記資料が伝わらないのではっきりしないが、『滑稽(こっけい)太平記』などによると近江(おうみ)の産で、支那弥三郎範重(しなやさぶろうのりしげ)と名のる武士であった。25歳のとき、将軍足利義尚(あしかがよしひさ)に従い近江守護佐々木高頼を攻めたが、義尚が陣中で没したため剃髪(ていはつ)し、摂津の尼崎(あまがさき)に隠遁(いんとん)したという。一休を敬慕すること厚く、しばらく一休ゆかりの山城(やましろ)(京都府)薪(たきぎ)の酬恩庵(しゅうおんあん)に滞留していたらしく、そこで連歌師宗長(そうちょう)と俳諧(はいかい)(前句付(まえくづけ))に腕を競ったことはよく知られている(『宗長手記』)。俗に山崎宗鑑とよばれるように、晩年は山崎に庵(いおり)を結び、地元の人々の連歌を指導したり、古典や俳諧作品などを書写して頒(わか)ち、口を糊(のり)した。その癖のある筆法は宗鑑流とよばれ、追随者を出している。油筒(ゆとう)を売っていたとか、「上(じょう)の客立ち帰り、中(ちゅう)の客其(そ)の日帰り、下々(げげ)の客泊りがけ」と書いた額を庵に掛けていたとか、彼の風狂ぶりを伝える逸話には事欠かない。そうした飄逸(ひょういつ)の境涯は、「風寒し破れ障子の神無月(かみなづき)」(「紙無」に掛ける)の自画賛に凝縮されている。若いころから連歌をたしなみ、宗祇(そうぎ)とも一座した宗鑑筆の連歌懐紙(かいし)が伝わり、かなりの手練であったと判断されるが、洒脱磊落(しゃだつらいらく)なひととなりから俳諧に本領を発揮した。生前に編んだ『誹諧連歌抄』は『犬筑波集(いぬつくばしゅう)』の名で流布し、守武(もりたけ)ともども俳諧始祖の称を与えられることになった。[加藤定彦]
 うづきゝてねぶとに鳴くや郭公(ほととぎす)
『吉川一郎著『山崎宗鑑伝』(1955・養徳社) ▽木村三四吾著「山崎宗鑑」(『俳句講座2 俳人評伝 上』所収・1958・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗鑑の言及

【犬筑波集】より

…俳諧撰集。宗鑑(そうかん)編。慶長(1596‐1615)ころ刊。…

※「宗鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宗鑑の関連キーワード百物語(仮名草子)山崎宗鑑伝荒木田守武俳諧の連歌竹馬狂吟集明窓宗鑑俳諧文庫琴弾公園南条宗鑑大野洒竹貞門俳諧俳諧三神守武千句和気明重葦の穂綿阿羅野犬子集三聖油糟淀川

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android