コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気清成 わけの きよしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気清成 わけの-きよしげ

?-1244 鎌倉時代の医師。
和気定成(やすしげ)の孫。建保(けんぽ)4年侍医となり,図書頭(ずしょのかみ),典薬(てんやくの)頭を歴任。のちの幕府執権北条時頼(ときより)の誕生にたちあい,また後堀河上皇を診察した。寛元2年11月4日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和気清成の関連キーワード鎌倉時代和気定成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android