コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原頼嗣 ふじわらのよりつぐ

百科事典マイペディアの解説

藤原頼嗣【ふじわらのよりつぐ】

鎌倉幕府5代将軍。父藤原頼経を継いで1244年将軍となるが,1252年廃されて帰京,父子2代の摂家(せっけ)将軍は終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原頼嗣

没年:康元1.9.25(1256.10.14)
生年:延応1.11.21(1239.12.17)
鎌倉幕府の第5代将軍。藤原頼経と藤原親能の娘・大宮殿の子。寛元2(1244)年に,執権・北条経時の強制により,父・頼経から,わずか6歳にして将軍職を譲られた。頼経が同4年に京都へ追放されたのちも,将軍として鎌倉にとどまるが,建長3(1251)年に了行法師らの謀反事件に頼経が関係した疑いが持たれ,これにかこつけた形で頼嗣も翌建長4年に京都へ追放された。幼少の身で幕府の主導権争いに巻き込まれた一生であった。<参考文献>上横手雅敬『鎌倉時代政治史研究』

(高橋慎一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよりつぐ【藤原頼嗣】

1239‐56(延応1‐康元1)
鎌倉幕府の第5代将軍。将軍藤原頼経の子。1244年(寛元2)父の譲りにより将軍となる。46年父頼経は陰謀に関係して京都に追われ,祖父の前摂政九条道家も失脚した。51年(建長3)僧了行の幕府転覆の陰謀に九条家が関係しているとの嫌疑が生まれ,翌年後嵯峨上皇の皇子宗尊親王が将軍として鎌倉に下り,頼嗣は京都に追われた。こうして摂家(せつけ)将軍は終わり,親王将軍が登場した。【上横手 雅敬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原頼嗣
ふじわらのよりつぐ

九条頼嗣」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

藤原頼嗣 (ふじわらのよりつぐ)

生年月日:1239年11月21日
鎌倉時代前期の鎌倉幕府第5代の将軍
1256年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

藤原頼嗣の関連キーワード上横手雅敬二階堂行綱九条忠家鷹司兼平長井時秀生年月日中原師連北条時頼

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android