コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気貞説 わけの さだとき

2件 の用語解説(和気貞説の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気貞説 わけの-さだとき

?-1179 平安時代後期の医師。
和気貞相(さだすけ),丹波重長(しげなが)にまなび,侍医となる。宇佐神宮祠官(しかん)の癩(らい)(ハンセン病)の疑いをはらし,二条天皇から和気姓をあたえられた。安元2年後白河上皇の瘡(かさ)(できもの)の治療をしている。治承(じしょう)3年1月5日死去。本姓は中原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和気貞説

没年:治承3.1.5(1179.2.13)
生年:生年不詳
平安後期の宮廷医。医家中原氏の出身で,和気相永の養子。和気貞相次いで丹波重長の門に入って医を学んだ。保元2(1157)年内蔵助。宇佐祠官に諸医が癩の誤診断を下したのを覆し,二条天皇から賞されて和気姓を賜る。また安元2(1176)年後白河上皇の瘡の治療に臨み,丹波憲基が鹿角,大黄を処方したが癒えず,灸を行おうとしたのに反対し,膏薬を付けることを主張。受け入れられ,3日にして治癒したという。諸陵頭に任ぜられ,治承2(1178)年には従四位下,諸陵・陰陽頭で長門介を兼ねた。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和気貞説の関連キーワード小右記医家氏の院常盤光長真恵中原景弘中原貞仲中原基広中原吉久和気時雨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone