和気貞説(読み)わけの さだとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気貞説 わけの-さだとき

?-1179 平安時代後期の医師。
和気貞相(さだすけ),丹波重長(しげなが)にまなび,侍医となる。宇佐神宮祠官(しかん)の(らい)(ハンセン病)の疑いをはらし,二条天皇から和気姓をあたえられた。安元2年後白河上皇の(かさ)(できもの)の治療をしている。治承(じしょう)3年1月5日死去。本姓は中原

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和気貞説

没年:治承3.1.5(1179.2.13)
生年:生年不詳
平安後期の宮廷医。医家中原氏の出身で,和気相永の養子。和気貞相次いで丹波重長の門に入って医を学んだ。保元2(1157)年内蔵助。宇佐祠官に諸医が癩の誤診断を下したのを覆し,二条天皇から賞されて和気姓を賜る。また安元2(1176)年後白河上皇の瘡の治療に臨み,丹波憲基が鹿角,大黄を処方したが癒えず,を行おうとしたのに反対し,膏薬を付けることを主張。受け入れられ,3日にして治癒したという。諸陵頭に任ぜられ,治承2(1178)年には従四位下,諸陵・陰陽頭で長門介を兼ねた。

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android