コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和珥部君手 わにべの きみて

2件 の用語解説(和珥部君手の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和珥部君手 わにべの-きみて

?-697? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)に際し,大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)の命で美濃(みの)(岐阜県)不破道をふさぎ,ついで村国男依(おより)らとともに不破から近江(おうみ)(滋賀県)に攻めいり,大友皇子を敗走させた。功により勤(ごん)大壱をあたえられた。文武天皇元年直(じき)広壱にすすみ,この時没したものと推定される。のちさらに直大壱を追贈された。氏(うじ)は丸部,和爾部ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和珥部君手

生年:生没年不詳
壬申の乱(672)で大海人皇子(のちの天武天皇)方で活躍した豪族。尾張国知多郡(愛知県)を本貫とする。和爾部,丸部とも書く。姓は臣。天武1(672)年6月,大海人皇子が吉野(奈良県吉野町)から東国に入るのに先行して美濃(岐阜県)に入り,安八磨郡湯沐令の多品治に同郡の兵をもって,不破関を塞がせた。その後,村国男依らと共に数万の兵を率いて不破から近江に攻め入り,大海人側に勝利をもたらした。死没時直広壱を贈られた。没年は文武1(697)年か。大宝1(701)年功封80戸を賜り,4分の1を子に伝えることを許された。霊亀2(716)年贈直大壱,子に賜田のことがあり,天平宝字1(757)年,功田8町を二世に伝えることを認められた。『釈日本紀』所引私記が引用の「和迩部臣君手記」は壬申の乱の従軍日記。<参考文献>直木孝次郎『壬申の乱』

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和珥部君手の関連キーワード大海人皇子壬申の乱壱伎韓国朴井雄君大分稚見多品治高坂王田中足麻呂路益人若桜部五百瀬

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone