和賀井敏夫(読み)わがい としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和賀井敏夫 わがい-としお

1924- 昭和後期-平成時代の超音波医学者。
大正13年9月21日生まれ。昭和45年順天堂大教授となる。東北大電気通信研究所と共同で超音波の医学への応用を研究し,がん,心臓病などの超音波診断法の確立につくす。日本超音波医学会会長。平成18年「超音波診断法の創始と発展に関する研究」で学士院賞。宮城県出身。新潟医大(現新潟大)卒。著作に「超音波診断法事始」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android