和賀井敏夫(読み)わがい としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和賀井敏夫 わがい-としお

1924- 昭和後期-平成時代の超音波医学者。
大正13年9月21日生まれ。昭和45年順天堂大教授となる。東北大電気通信研究所と共同で超音波の医学への応用を研究し,がん,心臓病などの超音波診断法の確立につくす。日本超音波医学会会長。平成18年「超音波診断法の創始と発展に関する研究」で学士院賞。宮城県出身。新潟医大(現新潟大)卒。著作に「超音波診断法事始」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android