コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和食の最新動向 わしょくのさいしんどうこう

1件 の用語解説(和食の最新動向の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

和食の最新動向

ヘルシー志向が高まり、地産地消の影響もあってか、京野菜(京筍、加茂茄子、聖護院蕪伏見唐辛子、九条葱、壬生菜など)や加賀野菜(加賀蓮根、五郎島金時加賀太きゅうりなど)、鹿児島の焼酎、沖縄の島豆腐やニガウリマンゴーなど、特産地名を冠した伝統食材(ご当地食材)や、それらを使った郷土料理が人気を集めている。会席、京料理などの高級料亭が店数を維持している半面、廉価な和食チェーン店居酒屋も盛況。一方では高級化、他方でカジュアルリーズナブル化、といった二極化の傾向が著しい。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和食の最新動向の関連キーワードデュレヘルシンキ地産地消エースヘルシーパルシーヘルシン石岩地産地消の仕事人ヘルツォーゲンベルクマニプル種 (Manipur)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone