会席(読み)かいせき

精選版 日本国語大辞典「会席」の解説

かい‐せき クヮイ‥【会席】

〘名〙
① 何人かの人が会合する席。寄合いの家、または場所。多く、茶、連歌俳諧などの集まりにいう。
※太平記(14C後)三二「今日は連歌の御会席(クヮイセキ)にて候」
※御伽草子・酒茶論(室町末)「かってに入て山海の珍物を、思ひのままにれうりして、くゎいせきをいだしつつ、ぜんもあがれば火をなおし」
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)初「その十二軒の会席(クヮイセキ)に、小池と呼ばれし一と構」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「会席」の解説

かい‐せき〔クワイ‐〕【会席】

多数の人が寄り集まる席。寄り合いの席。多く、連歌・俳諧や茶会などを行う席をいう。
会席料理」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の会席の言及

【懐石】より

…茶の湯の席で,茶事の一部として饗される食事。懐石(会席)料理ともいう。これは式正(しきしよう)の本膳料理に対応する表現でもある。…

【会席料理】より

…江戸中期以後民間で行われるようになった食事形式。会席の語は茶の湯,連歌などの寄合いの場の意であるが,そうした集会,さらには茶の湯の席で供される食事をさすこともある。現在のような会席料理が始まった時期について,《続飛鳥川》(1810ころ?)は安永(1772‐81)の末とし,《武江年表》(1849‐50)は享和年間(1801‐04)としている。…

※「会席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android