コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会席 カイセキ

デジタル大辞泉の解説

かい‐せき〔クワイ‐〕【会席】

多数の人が寄り集まる席。寄り合いの席。多く、連歌・俳諧や茶会などを行う席をいう。
会席料理」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいせき【会席】

何人かの人が集まって寄り合う会合・宴会などの席。多く、連歌・俳諧・茶の湯などの席。
「会席料理」の略。酒宴の席などで一品ずつ皿に盛って会席膳で出す上等な料理。 → 懐石(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の会席の言及

【懐石】より

…茶の湯の席で,茶事の一部として饗される食事。懐石(会席)料理ともいう。これは式正(しきしよう)の本膳料理に対応する表現でもある。…

【会席料理】より

…江戸中期以後民間で行われるようになった食事形式。会席の語は茶の湯,連歌などの寄合いの場の意であるが,そうした集会,さらには茶の湯の席で供される食事をさすこともある。現在のような会席料理が始まった時期について,《続飛鳥川》(1810ころ?)は安永(1772‐81)の末とし,《武江年表》(1849‐50)は享和年間(1801‐04)としている。…

※「会席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会席の関連キーワード止め椀/留め椀芳飯・苞飯正午の茶事和歌八重垣向こう付け袱紗料理会席茶屋吾妻問答懐石料理歳旦開き寄り合い膳組み茶会記先付け四つ椀追い肴止め椀孕み句会席膳箸洗い

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会席の関連情報