コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哀れぶ/憐れぶ アワレブ

デジタル大辞泉の解説

あわれ・ぶ〔あはれぶ〕【哀れぶ/×憐れぶ】

[動バ四]
哀れむ1」に同じ。
「慈悲の心深くして、人を―・ぶ事仏の如く」〈今昔・一一・二〉
哀れむ2」に同じ。
「花をめで、鳥をうらやみ、霞(かすみ)を―・び、露をかなしぶ心」〈古今仮名序
[動バ上二]哀れむ」に同じ。
「神聞き―・びさせ給ひて」〈大鏡・道長下〉
[補説]もとは上二段活用で、その後多く四段活用に変化して用いられたものか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

哀れぶ/憐れぶの関連キーワード慈悲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android