品を作る(読み)しなをつくる

精選版 日本国語大辞典「品を作る」の解説

しな【品】 を 作(つく)

① 上品そうな様子をする。体裁ぶる。上品ぶる。
② なまめかしい様子、動作などをする。あだっぽくふるまう。しなを付ける。
※浮世草子・世間娘容気(1717)一「遊女のごとく品(シナ)つくり」
③ 態度をとる。そういうふりをする。
※測量船(1930)〈三好達治〉獅子「は畏怖のしなをつくって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android