コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測量船 そくりょうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測量船
そくりょうせん

三好達治の処女詩集。 1930年刊。『乳母車』『甃 (いし) のうへ』などの抒情詩,『雪』などの短詩,『峠』『街』『燕』などの散文詩など,多彩な形式を模索しながら,どのように伝統を継承して現代の抒情をうたうかを試みたもの。三好達治の詩的方向を定めた昭和初期の代表的詩集。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そくりょう‐せん〔ソクリヤウ‐〕【測量船】

海図や水路誌の作成のため、水路測量、海流調査および海上気象の観測などに従事する船。

そくりょうせん【測量船】[書名]

三好達治の第1詩集。昭和5年(1930)刊。「雪」「乳母車」「甃(いし)のうへ」など39編を収録。現代叙情詩の展開に大きな役割を果たした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そくりょうせん【測量船】

三好達治の第1詩集。1930年刊。巻頭に〈春の岬旅のをはりの鷗どり浮きつつ遠くなりにけるかも〉という短歌形式の詩をおくが,この旅愁と郷愁の情緒は三好達治生涯の詩心の在りかを暗示している。自由詩形12編,散文詩形26編が混在するのは,現代抒情詩のありうべき姿を探究していたことを示すもので,《測量船》という題名自体がその意欲を端的に表していた。一方,典雅な伝統的詩情を〈甃(いし)のうへ〉〈雪〉〈乳母車〉などに結晶させ,また必ずしも幸せでなかった幼年期以来育ててきた虚無的・厭世的詩情を,おもに散文詩形の作品に盛っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そくりょうせん【測量船】

海図作製のため、海上、沿岸陸地の形状、海洋・港湾の水深、海底の地形・地質、海流調査などの測量を行う船。
書名(別項参照)。

そくりょうせん【測量船】

詩集。三好達治作。1930年(昭和5)刊。抒情詩のさまざまな可能性を探った昭和新詩の代表的詩集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の測量船の言及

【作業船】より

… 押船(プッシャー)は,船首部を艀(はしけ)(バージ)の船尾にはまり込ませ,ロープなどによりバージを連結し押航するもの,引船(タグボート)は,他船を曳引する船で,いずれも低速で大きな推力を得るようコルトノズル推進を採用することが多く,操船性能に優れている。 測量船は音響測深機や船位測定装置などを搭載し,海域の深浅測量を行う。双胴船形式が多い。…

※「測量船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

測量船の関連キーワード測量船(三好達治の詩集)チャレンジャー海淵万延元年遣米使節測量船(船舶)長谷川 巳之吉海洋研究観測船海洋無人探査機タスカロラ号航路障害物御木本幸吉三好 達治ビーグル号ダーウィン海洋観測船ブルック種の起源日本海作業船特殊船水路部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

測量船の関連情報