コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畏怖 イフ

デジタル大辞泉の解説

い‐ふ〔ヰ‐〕【畏怖】

[名](スル)おそれおののくこと。「畏怖の念を抱く」「神を畏怖する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いふ【畏怖】

( 名 ) スル
大いにおそれること。おそれかしこまること。 「 -して近寄らず」 「 -の念を与える」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の畏怖の言及

【恐れ】より

…根源的恐れとしては,宗教的体験による情動として,R.オットーが,その著《聖なるもの》(1917)で,宗教的感情を分析し,神の力や意志,または聖なる力を意味するラテン語のヌーメンnumenから,ヌミノーゼNuminose感情という言葉を作り,その基底に相反する1対の感情が存在することを明確にした。それが畏怖(トレメンドゥムtremendum)と魅惑(ファスキナンスfascinans)であり,心理学者のユングは,人間が心の深奥にある元型にふれる時に,この根源的恐れと魅惑を感じると述べている。【秋山 さと子】。…

※「畏怖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

畏怖の関連キーワード死せる孔明生ける仲達を走らすネイチャー・ライティング客神(きゃくじん)ナチュラルブリッジ物の本性についてパールバティーラドクリフウルカヌス眠れる獅子ヌミノーゼ細谷十太夫ギユビック風の又三郎エリニエス天神信仰不動明王宗教美術柄谷行人死霊崇拝空間畏怖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畏怖の関連情報