畏怖(読み)イフ

デジタル大辞泉 「畏怖」の意味・読み・例文・類語

い‐ふ〔ヰ‐〕【畏怖】

[名](スル)おそれおののくこと。「畏怖の念を抱く」「神を畏怖する」
[類語]恐れ恐怖畏れる謹むしゃちほこばる固くなる・身も縮む・縮こまる小さくなる真面目腐る恐恐恐懼きょうく恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分身の縮む思い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「畏怖」の意味・読み・例文・類語

い‐ふヰ‥【畏怖】

  1. 〘 名詞 〙 おそれおののくこと。また、その気持
    1. [初出の実例]「其畏之者、以実可畏怖而有慢之理也」(出典童子問(1707)下)
    2. 「下民愈朝廷の威権に畏怖して」(出典:鄰艸(1861)〈加藤弘之〉)
    3. 「僕は厭悪と多少の畏怖とを以て此子を見て通るのであった」(出典:ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「畏怖」の読み・字形・画数・意味

【畏怖】いふ

おそれる。

字通「畏」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の畏怖の言及

【恐れ】より

…根源的恐れとしては,宗教的体験による情動として,R.オットーが,その著《聖なるもの》(1917)で,宗教的感情を分析し,神の力や意志,または聖なる力を意味するラテン語のヌーメンnumenから,ヌミノーゼNuminose感情という言葉を作り,その基底に相反する1対の感情が存在することを明確にした。それが畏怖(トレメンドゥムtremendum)と魅惑(ファスキナンスfascinans)であり,心理学者のユングは,人間が心の深奥にある元型にふれる時に,この根源的恐れと魅惑を感じると述べている。【秋山 さと子】。…

※「畏怖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android