コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品川忠道 しながわ ただみち

1件 の用語解説(品川忠道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

品川忠道 しながわ-ただみち

1841*-1891 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)11年12月19日生まれ。もとオランダ通詞。民部省にはいり,外務大録(だいさかん),通商大佑にすすむ。明治4年伊達宗城(むねなり)らにしたがい清(しん)(中国)にわたり,日清修好条規締結にあたる。在清初代領事,総領事をつとめ,17年農商務省にはいり,通商局長となる。のち実業界に転じた。明治24年2月18日死去。52歳。肥前長崎出身。通称は英輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の品川忠道の言及

【領事館】より

…日本に置かれた最初は下田にアメリカ領事ハリスが開いたものであるが,日本が外国に領事館を設置したのは,幕府が1867年(慶応3)9月サンフランシスコにおいてアメリカ人チャールズ・ウォルコット・ブルークスを雇い入れて領事事務を委任したのと,それと前後してパリでフランス人フルーリー・エラールに総領事の事務を委任したのがはじめであるという。69年(明治2)に政府はエラールに代わりフランス人モンブランを雇い入れ総領事とし,70年10月には清国の上海に仮領事館を置き品川忠道を勤務させた。翌71年11月正院は総領事以下の官を置くことを布告し,サンフランシスコ,上海に続き,ニューヨーク(1872年3月),福州(1872年9月),香港(1873年4月),ベネチア(1873年3月),マルセイユ(1874年3月),ローマ(1874年7月),厦門(アモイ)(1875年4月),天津(1875年9月),ホノルル(1875年11月),牛荘(1876年3月),ロンドン(1876年4月),芝罘(チーフー)(1876年5月),ウラジオストク(1876年12月),ミラノ(1878年5月),シンガポール(1879年4月)と逐次設置した。…

※「品川忠道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

品川忠道の関連キーワード今村和郎岩男三郎甲斐九郎関新平田辺輝実千坂高雅楢崎寛直村上義雄山田為暄山中政亮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone