コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品川忠道 しながわ ただみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

品川忠道 しながわ-ただみち

1841*-1891 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)11年12月19日生まれ。もとオランダ通詞。民部省にはいり,外務大録(だいさかん),通商大佑にすすむ。明治4年伊達宗城(むねなり)らにしたがい清(しん)(中国)にわたり,日清修好条規締結にあたる。在清初代領事,総領事をつとめ,17年農商務省にはいり,通商局長となる。のち実業界に転じた。明治24年2月18日死去。52歳。肥前長崎出身。通称は英輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の品川忠道の言及

【領事館】より

…日本に置かれた最初は下田にアメリカ領事ハリスが開いたものであるが,日本が外国に領事館を設置したのは,幕府が1867年(慶応3)9月サンフランシスコにおいてアメリカ人チャールズ・ウォルコット・ブルークスを雇い入れて領事事務を委任したのと,それと前後してパリでフランス人フルーリー・エラールに総領事の事務を委任したのがはじめであるという。69年(明治2)に政府はエラールに代わりフランス人モンブランを雇い入れ総領事とし,70年10月には清国の上海に仮領事館を置き品川忠道を勤務させた。翌71年11月正院は総領事以下の官を置くことを布告し,サンフランシスコ,上海に続き,ニューヨーク(1872年3月),福州(1872年9月),香港(1873年4月),ベネチア(1873年3月),マルセイユ(1874年3月),ローマ(1874年7月),厦門(アモイ)(1875年4月),天津(1875年9月),ホノルル(1875年11月),牛荘(1876年3月),ロンドン(1876年4月),芝罘(チーフー)(1876年5月),ウラジオストク(1876年12月),ミラノ(1878年5月),シンガポール(1879年4月)と逐次設置した。…

※「品川忠道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

品川忠道の関連キーワード明治時代領事館

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android