コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品花宝鑑 ひんかほうかんPin-hua bao-jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

品花宝鑑
ひんかほうかん
Pin-hua bao-jian

中国,清末の風俗小説。陳森の作。 60回。道光 29 (1849) 年成立,咸豊2 (52) 年刊。作者が道光年間に北京に滞在し,その間に花柳界に通いつめた見聞をもとに,花街に出入りする才子俳優たちの交遊,遊興のさまを描いた小説。初め好事家の間で伝写され,刊行されると大いに流行した。登場人物の俳優には,すべてモデルがあるとされる。『海上花列伝』『花月痕』などとともに,清末のいわゆる花柳小説の代表的作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

品花宝鑑
ひんかほうかん

中国、清(しん)代の口語長編小説。全60回で、1849年の刊行と推定されている。作者陳森(ちんしん)は江蘇(こうそ)省常州の人で、少年時に北京(ペキン)に移り、何度か科挙に応じたが成功せず、家庭教師や秘書などをしながら、北京の劇場に足しげく出入りし、その見聞に基づいてこの小説をつくった。清代では官吏が妓楼(ぎろう)に遊ぶことが禁止されていたため、相公(シヤンコン)とよばれる若い俳優が官吏を相手に男色を売ったが、この小説はそういう変態的世界にふける乾隆(けんりゅう)期以来の名士たちをモデルにして、洗練された北京語基調の筆致で彼らの生態を詳細に活写した。旧来の長編小説の旧套(きゅうとう)を踏まず、各回をほぼ独立したストーリーの一編に完結させた構成はきわめて注目される。[藤田祐賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android