唐丸籠(読み)トウマルカゴ

世界大百科事典 第2版「唐丸籠」の解説

とうまるかご【唐丸籠】

江戸時代,百姓町人の重罪囚を護送するのに用いた駕軍鶏(しやも)(唐丸)の籠と形状が似ているところからこの名で呼ばれたが,正式には目籠(めかご)という。竹で丸く編んだ高さ3尺(約90cm)の籠を台板にかぶせ,琉球むしろで包み,棒を通し2人でかつぐもので,食器を入れる大きさの窓(御器穴(ごきあな))と,台板に大小便の落し穴があけてある。囚人は内部に立てたに縛り,手鎖(てじよう),足枷(あしかせ)を施し,をかまぬよう竹管をくわえさせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android