コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐丸籠 トウマルカゴ

デジタル大辞泉の解説

とうまる‐かご〔タウまる‐〕【唐丸籠】

唐丸1を入れて飼う、円筒形の竹籠。
《形が1に似るところから》江戸時代罪人を護送するのに用いる、上を網でおおった竹駕籠(かご)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうまるかご【唐丸籠】

江戸時代,百姓町人の重罪囚を護送するのに用いた駕籠。軍鶏(しやも)(唐丸)の籠と形状が似ているところからこの名で呼ばれたが,正式には目籠(めかご)という。竹で丸く編んだ高さ3尺(約90cm)の籠を台板にかぶせ,琉球むしろで包み,棒を通し2人でかつぐもので,食器を入れる大きさの窓(御器穴(ごきあな))と,台板に大小便落し穴があけてある。囚人は内部に立てた柱に縛り,手鎖(てじよう),足枷(あしかせ)を施し,舌をかまぬよう竹管をくわえさせた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

唐丸籠の関連キーワード唐丸・蜀丸・鶤鶏四千両小判梅葉唐丸送り鶤鶏駕籠竹籠

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android