コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手鎖 てじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手鎖
てじょう

江戸時代,庶人に科せられた刑罰の一つ。罪科の軽重により 30日手,50日手鎖,100日手鎖の別があった。『公事方御定書』には,「その掛りにて手鎖をかけ,これに封印し,(30日手鎖と 50日手鎖については) 5日目ごとに,100日手鎖については隔日に封印改 (あらため) を行う」とある。手鎖には過怠手鎖があり,過料に処せられたが,財産がないため納めることのできない者に対し科せられた。刑罰としての手鎖のほか,裁判中被告を預 (あずかり) にした場合,その被告に手鎖を施す吟味中手鎖もあった。なお,手鎖の封印を破ったり,それをはずして逃走したりした者は重い罪に問われ,それを手伝った者も過料その他の刑に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手鎖
てじょう

江戸時代に庶民にだけ科せられた刑罰。罪人の両手に手鎖をかけ、これに封印する。手鎖には、裁判中に被疑者に施す吟味中手鎖と、刑罰としての過怠(かたい)手鎖とがある。公事方御定書(くじかたおさだめがき)によれば、過怠手鎖は、過料を出すべき者に財産がなく、過料が払えないときに科したのである。過怠手鎖には、罪の軽重によって、30日、50日、100日の別があるが、百日手鎖の者については隔日にその封印(美濃(みの)紙をはって役人が押印)を調べ、五十日手鎖の者については5日目ごとに調べることにしている。手鎖を外したり、これを助けた者の刑は古くは非常に重く、死刑が科せられたが、公事方御定書では軽くなり、過怠手鎖をかってに外した者には、定めの日数の2倍の日数の手鎖を、手鎖を外してやった者は過料刑に処すべきものとしている。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

手鎖の関連キーワード喜多川歌麿(初代)チェーンブロックLUHICA井上ひさし達摩屋五一喜多川歌麿手錠・手鎖手鎖∥手錠手鉄・手金式亭三馬為永春水鶤鶏駕籠山東京伝石井良助ワサビ直木賞唐丸籠錦之裏骨董集刑具

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android