コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足枷 アシカシ

4件 の用語解説(足枷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あし‐かし【足×枷】

《「あしがし」とも》「あしかせ」に同じ。
「手かし―に入れられたと」〈史記抄・李斯伝〉

あし‐かせ【足×枷】

《「あしがせ」とも》
2枚の厚い板に足首大の半円をあけ、前後から罪人の足をはさんで、足の自由を束縛する刑具。あしかし。→手かせ
自由な行動を妨げるもの。足手まといになるもの。「家族が行動の足枷となる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足枷【あしかせ】

刑具の一つ。械,桎とも書く。木製または金属製で,半円をあけた2枚の板を前後から合わせて足首を拘束する。丸い輪を足首に掛け,それに鉄丸を鎖でつないだものもある。中国では漢以後,日本では江戸時代に見え,後者は明治以後も用いられた。
→関連項目戒具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あしかせ【足枷】

〔「あしがせ」とも〕 昔の刑具の一。罪人の足にはめて、その動作を束縛するもの。あしかし。 → 手かせ
人の行動や自由を束縛するもの。 「受けた恩が-になる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足枷の関連キーワードエスケープキー金木魚符金牌金杯金榜シュートリープロピル

足枷の関連情報