コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足枷 アシカシ

デジタル大辞泉の解説

あし‐かし【足×枷】

《「あしがし」とも》「あしかせ」に同じ。
「手かし―に入れられたと」〈史記抄・李斯伝〉

あし‐かせ【足×枷】

《「あしがせ」とも》
2枚の厚い板に足首大の半円をあけ、前後から罪人の足をはさんで、足の自由を束縛する刑具。あしかし。→手かせ
自由な行動を妨げるもの。足手まといになるもの。「家族が行動の足枷となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

足枷【あしかせ】

刑具の一つ。械,桎とも書く。木製または金属製で,半円をあけた2枚の板を前後から合わせて足首を拘束する。丸い輪を足首に掛け,それに鉄丸を鎖でつないだものもある。中国では漢以後,日本では江戸時代に見え,後者は明治以後も用いられた。
→関連項目戒具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あしかせ【足枷】

〔「あしがせ」とも〕 昔の刑具の一。罪人の足にはめて、その動作を束縛するもの。あしかし。 → 手かせ
人の行動や自由を束縛するもの。 「受けた恩が-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足枷の関連キーワードチェンマイ・イニシアティブ国家安全保障会議ダウンパトリックフェンリル北欧神話三つ道具鶤鶏駕籠唐丸籠手枷禁欲着釱刑具

足枷の関連情報