コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し穴 オトシアナ

2件 の用語解説(落(と)し穴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おとし‐あな【落(と)し穴】

歩いている人や獣が気がつかずに、そのまま落ち込むように仕掛けた穴。
人を陥れるための策略。「うまい話には落とし穴がある」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おとしあな【落し穴】

動物を捕獲するわな(罠)の一種。人類が考案した種々な罠のうちで,落し穴は最も一般的なものであり,ほとんど世界中で用いられていた。とりわけアフリカでは種々の対象動物に合わせて,大きさ・しかけなど変化に富むものがつくられていたことが民族誌の記述によって知られる。落し穴は動物が出られないように十分な深さに掘られたもの以外に,幅の狭い溝形につくって動物がはさみこまれるようにしたもの,底にとがった棒を立てたもの,格子を組んで動物の四肢の自由を奪うもの,どんでん返しの蓋のついたものなど,さまざまなしかけが考案されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

落(と)し穴の関連キーワード大敷網海上捕獲捕獲鯨銛虎挟み漕ぎ網鴫羂有害鳥獣の捕獲狩猟と有害捕獲

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone