コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し穴 オトシアナ

デジタル大辞泉の解説

おとし‐あな【落(と)し穴】

歩いている人や獣が気がつかずに、そのまま落ち込むように仕掛けた穴。
人を陥れるための策略。「うまい話には落とし穴がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おとしあな【落し穴】

動物を捕獲するわな()の一種。人類が考案した種々な罠のうちで,落し穴は最も一般的なものであり,ほとんど世界中で用いられていた。とりわけアフリカでは種々の対象動物に合わせて,大きさ・しかけなど変化に富むものがつくられていたことが民族誌の記述によって知られる。落し穴は動物が出られないように十分な深さに掘られたもの以外に,幅の狭い溝形につくって動物がはさみこまれるようにしたもの,底にとがった棒を立てたもの,格子を組んで動物の四肢の自由を奪うもの,どんでん返しの蓋のついたものなど,さまざまなしかけが考案されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

落(と)し穴の関連キーワードヴラジミル コリンフクロユキノシタわな猟(罠猟)ウツボカズラエジプト美術サラセニア鳥取(県)ゼロの焦点米子(市)情報化社会クリーク族イノシシ縄文文化原始美術食虫植物クロー族トラップ王家の谷唐丸籠サーミ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android