コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐人笠 トウジンガサ

デジタル大辞泉の解説

とうじん‐がさ〔タウジン‐〕【唐人×笠】

縁があり、中央が高くとがった笠。祭礼で唐人囃子(ばやし)などをする者や唐人飴(あめ)を売る者などがかぶった。
近世、1に模した兜(かぶと)。鉢が高く、つばが広い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうじんがさ【唐人笠】

祭礼で唐人囃子などをするときにかぶる中央が高くとがった笠。頂に紅い布をつける。
かぶとの一種。鉢が高く、つばの広いもの。 「大坂軍記云…羅沙の-の御甲/武家名目抄 甲冑

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐人笠の関連情報