コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐櫛笥 カラクシゲ

2件 の用語解説(唐櫛笥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から‐くしげ【唐××笥】

[名]櫛などを入れておく美しい箱。
「唐草の蒔絵(まきえ)の―」〈今昔・三一・五〉
[枕]箱が開く意から「明く」にかかる。
「―明けくれ物を思ひつつ」〈宇津保・あて宮〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からくしげ【唐櫛笥】

( 名 )
櫛などの化粧道具を入れておく、唐風の美しい箱。 「ふるめきたる鏡台の、-・搔上かかげの箱などとりいでたり/源氏 末摘花
( 枕詞 )
「唐櫛笥を開け」から、同音の「明け」にかかる。 「 -明け暮れ物を思ひつつ/宇津保 あて宮

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の唐櫛笥の言及

【箱】より

…日本人は一般に箱に対する関心が強く,その形式や装飾を多様に発達させている。箱の使用が大陸から伝えられたことは,〈ハコ〉が朝鮮語pakoni(筐)と同源であり,唐(韓)櫃(からびつ),唐櫛笥(からくしげ)という言葉があることから知られる。 古くは,竹のひご,木・草の皮や芯(しん),蔓(つる)などを編んでつくった藍胎(らんたい),柳筥,葛箱など,また木の内部をろくろでくりぬいた挽物(ひきもの),薄いヒノキ板を曲げてつくる曲物(まげもの)がおもであったが,やがて木板を継いで箱をつくる指物(さしもの)の技術が中国,朝鮮の影響下に発達した。…

※「唐櫛笥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐櫛笥の関連情報