コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉櫛笥/玉匣 タマクシゲ

デジタル大辞泉の解説

たま‐くしげ【玉××笥/玉×匣】

[名]くしげの美称。
「この箱を開きて見てばもとのごと家はあらむと―少し開くに」〈・一七四〇〉
[枕]
くしげを開けたり蓋(ふた)をしたりするところから、「あく」「ひらく」「覆ふ」にかかる。
「―明けまく惜しきあたら夜を」〈・一六九三〉
「―開(あ)けてさ寝にし我そ悔しき」〈・二六七八〉
「―覆ふをやすみ明けていなば」〈・九三〉
くしげの蓋と身にかけて、「身」「二上山(ふたがみやま)」「三諸(みもろ)」にかかる。
「―身のいたづらになればなりけり」〈後撰・雑一〉
「―二上山に月傾きぬ」〈・三九五五〉
「―みもろの山のさな葛(かづら)」〈・九四〉
大切なものの意から、「奥に思ふ」にかかる。
「―奥に思ふを見たまへ我(あ)が君」〈・三七六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまくしげ【玉櫛笥】

[4] ( 名 )
櫛笥くしげの美称。
( 枕詞 )
櫛笥の「ふた(蓋)」「み(身)」ということから、「二上山」「三室みむろの山」などにかかる。 「 -二上山に月傾きぬ/万葉集 3955
櫛笥を開く意から、「あく」「ひらく」などにかかる。 「 -明けまく惜しきあたら夜を/万葉集 1693
地名「蘆城あしきの川」(かかり方未詳)「奥に思ふ」などにかかる。 「 -蘆城の川を今日見ては/万葉集 1531」 「あきづ羽の袖振る妹を-奥に思ふを見たまへ我が君/万葉集 376

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉櫛笥/玉匣の関連キーワード玉(たま)万葉集林義端嬢・娘枕詞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android