コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉櫛笥/玉匣 タマクシゲ

2件 の用語解説(玉櫛笥/玉匣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐くしげ【玉××笥/玉×匣】

[名]くしげの美称。
「この箱を開きて見てばもとのごと家はあらむと―少し開くに」〈・一七四〇〉
[枕]
くしげを開けたり蓋(ふた)をしたりするところから、「あく」「ひらく」「覆ふ」にかかる。
「―明けまく惜しきあたら夜を」〈・一六九三〉
「―開(あ)けてさ寝にし我そ悔しき」〈・二六七八〉
「―覆ふをやすみ明けていなば」〈・九三〉
くしげの蓋と身にかけて、「身」「二上山(ふたがみやま)」「三諸(みもろ)」にかかる。
「―身のいたづらになればなりけり」〈後撰・雑一〉
「―二上山に月傾きぬ」〈・三九五五〉
「―みもろの山のさな葛(かづら)」〈・九四〉
大切なものの意から、「奥に思ふ」にかかる。
「―奥に思ふを見たまへ我(あ)が君」〈・三七六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たまくしげ【玉櫛笥】

[4] ( 名 )
櫛笥くしげの美称。
( 枕詞 )
櫛笥の「ふた(蓋)」「み(身)」ということから、「二上山」「三室みむろの山」などにかかる。 「 -二上山に月傾きぬ/万葉集 3955
櫛笥を開く意から、「あく」「ひらく」などにかかる。 「 -明けまく惜しきあたら夜を/万葉集 1693
地名「蘆城あしきの川」(かかり方未詳)「奥に思ふ」などにかかる。 「 -蘆城の川を今日見ては/万葉集 1531」 「あきづ羽の袖振る妹を-奥に思ふを見たまへ我が君/万葉集 376

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉櫛笥/玉匣の関連キーワード森川重信パンドラの箱黙視御櫛笥御掘串青木重矩池田重寛佐竹重威滝沢重信西村重信

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone