コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐物久兵衛 からもの きゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐物久兵衛 からもの-きゅうべえ

?-? 江戸時代中期の鋳物(いもの)師。
根付けをはじめ精巧な鋳銅の小品をおおくつくったことで知られるが,銘入りの作品はすくない。堺市の菅原神社の楼門に「享保(きょうほう)十九年唐物久兵衛作」の銘の釣灯籠(つりどうろう)が,ひとつのこっている。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は常信

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

唐物久兵衛

生年:生没年不詳
江戸中期の鋳物師。名を常信といい,享保年間(1716~36)ごろ,和泉国堺(堺市)に住し活躍した。作品は蝋型鋳造に長じ,享保19(1734)年銘の釣灯籠(大阪・菅原神社蔵)が著名である。火袋部分に透かされた雲文地に竜と鳳凰の造形は技量をいかんなく発揮している。また,根付のような小品にも精緻な作域のものを残している。<参考文献>香取秀真『金工史談/続編』

(加島勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

唐物久兵衛の関連キーワード香取秀真

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android