コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣灯籠 つりどうろう

2件 の用語解説(釣灯籠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣灯籠
つりどうろう

灯籠の一種。建物の軒などに吊って照明に用いる。絵巻に,宮中の清涼殿に釣灯籠を掛けた画面があり,社寺以外でも古くから使用された。特に有名なものは春日大社厳島神社の回廊の軒に吊下げた献灯で,社寺に奉納する風習は平安時代頃からあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の釣灯籠の言及

【灯籠】より

…原形は,中国大陸から朝鮮半島を経て,仏教とともに伝来した。材質の違いから木灯籠,陶灯籠,金灯籠,石灯籠があり,形状の違いから台灯籠(置灯籠,立灯籠),釣灯籠がある。置灯籠(図1)を構成する基本的な部材は,下から基礎,竿,中台,火袋,笠,宝珠の6部材。…

※「釣灯籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釣灯籠の関連情報