コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐端藤蔵 からはた とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐端藤蔵 からはた-とうぞう

?-1851 江戸時代後期の開拓者。
天保(てんぽう)8年(1837)より播磨(はりま)(兵庫県)印南(いなみ)郡唐端新(からはたしん)村の荒野を開墾して約10haの新田をひらく。また灌漑(かんがい)工事や道路改修につくした。12年その功を賞されて姫路藩主酒井忠学(ただのり)から唐端の姓をあたえられ,帯刀をゆるされた。嘉永(かえい)4年死去。播磨出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

唐端藤蔵の関連キーワード開拓者

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android