コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商山四皓図 しょうざんしこうず

百科事典マイペディアの解説

商山四皓図【しょうざんしこうず】

中国,秦の始皇帝の時,国乱を避けて,陝西の商山に入った東園公綺里季夏黄公,【ろく】里(ろくり)先生の4人の隠士画題とする絵画。4人は鬚眉(しゅび)みな白かったことから,商山四皓と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうざんしこうず【商山四皓図 Shāng shān sì hào tú】

中国,秦末に商山(陝西省商県)に乱を避けて隠居した4人の老人を画題とする絵画をいう。四皓とは東園公,夏黄公,甪里(ろくり)先生,綺里季の4人で,鬚眉がみな白かったのでこのように呼ばれた。水墨人物画の主題としてとりあげられ,中国の影響を受けた日本では室町時代から江戸時代にかけて,多くの作品が制作された。【戸田 禎佑】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

商山四皓図の関連キーワード真珠庵襖絵狩野尚信真珠庵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android