コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商標法条約 しょうひょうほうじょうやく

2件 の用語解説(商標法条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

商標法条約【しょうひょうほうじょうやく】

国際的な商標ルールの調和とそれによる商標権の保護を目的として,世界知的所有権機関WIPO)の外交会議で1994年に採択された条約。別名〈ハーモナイゼーション条約〉。
→関連項目商標

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうひょうほう‐じょうやく〔シヤウヘウハフデウヤク〕【商標法条約】

商標の出願手続きについて国際的な統一と簡素化を図るための条約。1994年にジュネーブで開催されたWIPO世界知的所有権機関)の外交会議で採択。1996年発効。日本は1997年に加入。2006年に改定され、「商標法に関するシンガポール条約」(STLT)と改称。TLT(Trademark Law Treaty)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone