コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善仲 ぜんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善仲 ぜんちゅう

708-768 奈良時代の僧。
和銅元年1月15日生まれ。双生児の兄弟善算とともに摂津天王寺(大阪府)の栄湛(えいたん)につき出家。のちふたりで俗世をのがれ摂津勝尾山にはいり草庵をむすんで修行した。弟子に弥勒(みろく)寺(現箕面市勝尾寺)をひらいた開成(かいじょう)がいる。神護景雲(じんごけいうん)2年2月15日死去。61歳。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

善仲 (ぜんちゅう)

生年月日:708年1月15日
奈良時代の僧
768年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

善仲の関連キーワード奈良時代生年月日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android