下船(読み)ゲセン

  • くだりぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 川を下ってゆく船。
※散木奇歌集(1128頃)雑上「川尻に受領のくだり船にあそびの船こぎよせたるかたかける所をよめる」
② 特に、伏見から大坂へ下る淀川の乗合船。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「伏見の里に日高につき、下り舟待いとまありければ」
③ 江戸時代、大坂、兵庫など上方から、江戸をはじめ全国各地へ航行する船。
※咄本・醒睡笑(1628)六「播州に、風の神とて宮あり。下(くだ)り船の船頭宿願して、順風をこふ」
〘名〙 船からおりること。
※旅日記から(1920‐21)〈寺田寅彦〉ポートセイドから伊太利へ「神戸からずっと一緒であった米国の老嬢二人も〈略〉いよいよ此処で下船して」 〔日知録‐杏壇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android