コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津太夫 つだゆう

3件 の用語解説(津太夫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

津太夫【つだゆう】

江戸時代の陸奥(むつ)仙台藩領の舟子(ふなこ)。1793年津太夫ら若宮(わかみや)丸の乗組員は石巻(いしのまき)から江戸に向かう航海の途中遭難し,ロシアアレウト列島ウナラスカ島に漂着,救助された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津太夫 つだゆう

1744?-? 江戸時代後期の漂流民。
延享元年?生まれ。寛政5年(1793)陸奥(むつ)石巻(宮城県)から江戸にむかうとき嵐にあいロシア船に救助され,ペテルブルグにおくられてロシア皇帝に謁見。文化元年(1804)遣日使節レザノフにともなわれて帰国した。大槻玄沢(おおつき-げんたく)の「環海異聞」にその見聞がみえる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津太夫

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:延享2(1745)
近世の漂流民。寒風沢島(宮城県塩釜市)出身。一説に文化11(1814)年7月29日没。日本人として最初に世界を一周。寛政5(1793)年に石巻の廻船若宮丸の16人の乗組員のひとりとして江戸へ向かう途上で漂流,アレウト列島(アリューシャン列島)に漂着してロシア人の保護を受け,イルクーツクに定住。のちレザーノフの日本派遣に伴ってペテルブルクに送られ,アレクサンドル1世に拝謁,ロシア初の世界周航航海でもあるクルーゼンシュテルンの艦隊に,儀兵衛,左平,太十郎の3人と共に乗船,文化1(1804)年長崎に送還され,翌年,日本側に身柄を渡され,仙台藩の大槻玄沢がその体験から『環海異聞』『北辺探事』を編纂した。別に個人的に経験を語った選者不詳の漂流記(『欧羅巴国漂流記』など各種の写本がある)もある。<参考文献>『環海異聞』(山下恒夫編『江戸漂流記総集』6巻・解説)

(春名徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone