コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情けは人の為ならず ナサケハヒトノタメナラズ

デジタル大辞泉の解説

情(なさ)けは人(ひと)の為(ため)ならず

人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成12年度調査平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる)
47.2パーセント45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない)
48.7パーセント45.7パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なさけはひとのためならず【情けは人の為ならず】

情けを人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来るということ。 〔近年、誤って本人の自立のために良くないと理解されることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

情けは人の為ならずの関連キーワード情け自立

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android