情けは人の為ならず(読み)ナサケハヒトノタメナラズ

デジタル大辞泉の解説

情(なさ)けは人(ひと)の為(ため)ならず

人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ。誤って、親切にするのはその人のためにならないの意に用いることがある。
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる」と、「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成12年度調査平成22年度調査
人に情けを掛けておくと、巡り巡って結局は自分のためになる
(本来の意味とされる)
47.2パーセント45.8パーセント
人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない
(本来の意味ではない)
48.7パーセント45.7パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なさけはひとのためならず【情けは人の為ならず】

情けを人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来るということ。 〔近年、誤って本人の自立のために良くないと理解されることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android