善愷(読み)ぜんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善愷 ぜんがい

?-? 平安時代前期の僧。
法隆寺ので,同寺の檀越(だんおつ)(後援者)登美直名(とみの-ただな)の不正を太政官に告訴した。裁判は法の解釈をめぐり論争をよび,承和(じょうわ)13年(846)に判決がくだる。伴(ともの)善男らの主張により,弁官が解任され,善愷は違法の訴えをしたとして笞罪(ちざい)に処せられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の善愷の言及

【善愷訴訟事件】より

…法隆寺僧の善愷が846年(承和13),法隆寺檀越で当時少納言であった登美直名(とみのただな)を,寺産を不正に自己のものとしたとして直接弁官に訴えた事件。このような檀越の専横は当時多く見られたが,この訴訟はことに,9世紀初頭に沈滞の極に達し檀越登美氏から疎外されていた法隆寺僧の,道詮を中心とした自主性回復運動を背景としていた。…

※「善愷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android