コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善逝 ゼンゼイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぜい【善逝】

《〈梵〉Sugataの訳。音写は修加陀》仏の十号の一。煩悩(ぼんのう)を断って悟り彼岸に去った者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の善逝の言及

【仏】より

…この仏が如(によ)(真理)から来たという意味で如来とよばれ,供養されるべき尊い者の意味では応供(おうぐ)ともよばれる。このほかに正遍知(しようへんち),明行足(みようぎようそく),善逝(ぜんぜい),世間解(せけんげ),無上士(むじようし),調御丈夫(ちようごじようぶ),天人師(てんにんし),世尊(せそん)ともよばれ,仏の十号といわれる。これが仏というものの属性をあらわしている。…

※「善逝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

善逝の関連キーワード広島県三次市吉舎町吉舎薬師如来如来十号吉舎薬師