喜多村実(読み)きたむら みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村実 きたむら-みのる

1904-1984 昭和時代の経営者。
明治37年1月29日生まれ。オリオン堂洋品店を経営,昭和のはじめ日本最初のチェーンストアづくりに尽力。戦時体制下で商業報国運動を組織。戦後は経営のデータを公開し,昭和25年の青色申告制度制定のきっかけをつくった。公開経営指導協会理事長。昭和59年10月11日死去。80歳。宮城県出身。東京府立園芸学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android