コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多見重政 きたみ しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多見重政 きたみ-しげまさ

?-1693 江戸時代前期の大名。
寛文12年書院番。将軍徳川綱吉にとりたてられ側(そば)用人にすすみ,天和(てんな)3年武蔵(むさし)喜多見藩(東京都)藩主となる。元禄(げんろく)2年綱吉の勘気をこうむって除封され桑名藩にあずけられた。元禄6年7月28日死去。狂死とつたえられる。本姓は石谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

喜多見重政

没年:元禄6.7.28(1693.8.29)
生年:生年不詳
江戸前期の幕臣,大名。父は石谷武清,母は養父の幕臣喜多見五郎左衛門重恒の娘。寛文12(1672)年に家を継いで1120石を知行し,書院番士となる。延宝8(1680)年中奥番士,次いで小姓に昇り,翌天和1(1681)年従五位下若狭守に叙任され,2000石加増。3年には6800石余を加増されて1万石の大名となり,側用人に昇進した。さらに貞享3(1686)年にも1万石を加増されたが,元禄2(1689)年に所領を収公されて桑名藩主に預けられ,配所で没した。これは,才能を認められて抜擢されたにもかかわらず,職務に心を入れなかったためとされているが,分家の刃傷事件に関与したためともいう。

(深井雅海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

喜多見重政の関連キーワードコングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴加藤枝直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android