コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑名藩 くわなはん

5件 の用語解説(桑名藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑名藩
くわなはん

江戸時代,伊勢国 (三重県) 桑名郡の一部を領有した藩。氏家氏の2万 2000石に始り,本多氏 10万石,松平 (久松) 氏 14万石,松平 (久松) 氏 11万石,松平 (奥平) 氏 10万石,松平 (久松) 氏 11万石と家門出身が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

桑名藩【くわなはん】

伊勢(いせ)国桑名に藩庁をおいた。藩主は譜代(ふだい)の本多氏,家門(かもん)の松平(久松)氏・松平(奥平)氏・松平(久松)氏と変遷。領知高は伊勢国桑名・員弁(いなべ)など4郡でほぼ10万石。
→関連項目伊勢国鳥羽・伏見の戦沼田藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

くわなはん【桑名藩】

江戸時代伊勢(いせ)国桑名郡桑名(現、三重県桑名市)に藩庁をおいた、初め譜代(ふだい)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は立教館。関ヶ原の戦いの翌1601年(慶長(けいちょう)6)、徳川氏譜代の重臣本多忠勝(ただかつ)が10万石で入り立藩した。2代忠政(ただまさ)のとき、大坂の陣での戦功により、17年(元和(げんな)3)、播磨(はりま)国姫路藩に移封(いほう)となった。以後、家門(かもん)の松平(久松)定勝(さだかつ)(11万石)以下5代、松平(奥平)忠雅(ただまさ)(10万石)以下7代、再度の松平(久松)氏の松平定永(さだなが)(11万3000石)以下5代と親藩が続き、明治維新に至った。幕末の松平(久松)氏4代藩主定敬(さだあき)は佐幕派として活躍、1868年(慶応4)の鳥羽・伏見の戦いのあと、徳川慶喜(よしのぶ)に随行して江戸に行った。藩主不在となった桑名藩は、3代藩主定猷(さだみち)の長男定教(さだのり)を5代藩主として擁立、無血開城して新政府軍に恭順した。しかし、定敬は会津、箱館へと戊辰(ぼしん)戦争を転戦、そのため桑名藩は取り潰された。69年(明治2)に定敬が降伏。桑名藩は6万石で再興を許されたが、71年の廃藩置県で廃藩。桑名県となり、その後、安濃津(あのつ)県を経て翌年三重県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くわなはん【桑名藩】

伊勢国北東部(北勢)に置かれた藩。しばしば藩主が交替したが,初期の譜代大名のほかは,いずれも家門であり,桑名に居城を持って,桑名・員弁(いなべ)・朝明(あさけ)・三重4郡の10万石余を領知した。それ以前の織豊期は滝川・天野・酒井・石川・丹羽・氏家氏が相ついで入封,1600年(慶長5)関ヶ原の戦で西軍にくみして氏家行広(2万2000石)が除封された。翌年上総から入封した本多忠勝(10万石,譜代)は,旧城郭を拡張して町割りをすすめ,城下町桑名の原型をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桑名藩
くわなはん

江戸時代、伊勢(いせ)国(三重県)桑名周辺を領有した藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで西軍にくみした桑名城主氏家行広(うじいえゆきひろ)(2万5000石)は除封となり、翌年三河の古参の譜代(ふだい)本多忠勝(ほんだただかつ)(12万石)が入封して当藩成立。彼は町割を開始し、いまの桑名市の基盤をつくり、嫡子忠政(ただまさ)に伝えた。忠政の子忠刻(ただとき)は家康の孫千姫(せんひめ)の婿となり化粧料1万石を加増されたが、1617年(元和3)播磨(はりま)姫路(ひめじ)へ移封。かわって家康の異父弟松平(久松)定勝(さだかつ)(11万石)が入封、二男定行(さだゆき)襲封。1634年(寛永11)定行は伊予松山へ移封。かわって定勝の三男松平定綱(さだつな)(11万石、鎮国(ちんこく)公)が美濃(みの)大垣より入封、定良(さだよし)、定重(さだしげ)に伝えた。定重は1657年(明暦3)襲封以来1710年(宝永7)まで長期間治世を行ったが、郡代野村増右衛門(ますえもん)の事件により失政を問われ越後(えちご)高田へ国替(くにがえ)。ついで松平(奥平)忠雅(ただまさ)(10万石)が入封、忠刻、忠啓(ただひら)、忠功(ただかつ)、忠和(ただとも)、忠翼(ただすけ)、忠堯(ただたか)と在封。この間、木曽(きそ)・揖斐(いび)・長良(ながら)3川の宝暦(ほうれき)治水と、天明(てんめい)・文政(ぶんせい)の二大一揆(いっき)が発生した。1823年(文政6)忠堯は武蔵忍(むさしおし)へ転封。陸奥(むつ)白河へ移っていた久松松平家の定永(さだなが)(11万石、松平定信(さだのぶ)の子)のとき、ふたたび桑名に入封。藩校立教館を開設。定和(さだかず)、定猷(さだみち)、定敬(さだあき)と続き、定敬は会津藩主松平容保(かたもり)の弟で、1864年(元治1)京都所司代、68年(慶応4)鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いで幕軍として戦い、転戦後箱館(はこだて)に渡った。この間、国元では恭順派が指導権を握り、先代定猷の遺子定教(さだのり)を擁し新政府軍に降(くだ)った。71年(明治4)廃藩、桑名県、安濃津(あのつ)県を経て、三重県に編入。[原田好雄]
『近藤杢・平岡潤編『桑名市史 本篇・補篇』(1959、60・桑名市教育委員会) ▽西羽晃著『桑名歴史散歩』(1974・新光堂書店) ▽片山恒斎著『桑名志』(1953・北勢史談会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桑名藩の関連情報