コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜志邦三 きし くにぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜志邦三 きし-くにぞう

1898-1983 昭和時代の詩人。
明治31年3月1日生まれ。新聞記者をつとめたのち,大正14年から神戸女学院でおしえる。三木露風の「未来」にくわわり,詩集「堕天馬」「交替の時」「雪をふむ跫音」,評論集「現実詩派」「木曜詩話」などを発表。昭和14年NHK放送文芸賞。歌謡曲春の唄」「踊子」なども作詞。昭和58年5月2日死去。85歳。大阪出身。早大卒。旧姓は笠野。号は麦雨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜志邦三の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android