コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜田吉右衛門 きた きちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜田吉右衛門 きた-きちえもん

?-1671 江戸時代前期の治水家。
もと尾張(おわり)名古屋藩士。晩年,美濃(みの)(岐阜県)武儀(むぎ)郡関村で農事にしたがう。同村の柴山伊兵衛(いへえ),弟の林幽閑(ゆうかん)とともに,寛文9年長良(ながら)川から取水する曾代(そだい)用水の幹線水路の掘削に成功。さらに工事をつづけたが家産をうしない,寛文11年6月1日病死。名は宗清(むねきよ)。号は涼山(りょうざん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜田吉右衛門の関連キーワードカンプハイスブロンデルカッシーニガルダン(噶爾丹)ニュートン(Sir Isaac Newton)ミルトンアルビノーニイアペトゥス生島新五郎オペラ座

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android