コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗清 むねきよ

5件 の用語解説(宗清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗清
むねきよ

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『恩愛ひとめの関守 (おんないひとめのせきもり) 』。作者奈河本助,作曲5世岸沢式佐,振付4世西川扇蔵。文政 11 (1828) 年 11月江戸市村座の顔見世狂言『貢玉雪源氏贔屓 (みつぎのゆきげんじびいき) 』の三立目浄瑠璃所作事として,宗清を4世坂東三津五郎常盤御前を岩井粂三郎で初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むねきよ【宗清】

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題「恩愛瞔関守(おんないひとめのせきもり)」。奈河本助作詞、3世岸沢式佐作曲。文政11年(1828)江戸市村座初演。木幡の関の関守弥平兵衛宗清は、常盤御前が清盛に従うことを条件に、連れていた三児を助ける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むねきよ【宗清】

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。本名題《恩愛瞔関守(おんあいひとめのせきもり∥おんないひとめのせきもり)》。1828年(文政11)11月江戸市村座初演。作詞奈河本助。作曲5世岸沢式佐。振付4世西川扇蔵。3世坂東三津五郎,2世岩井粂三郎(6世岩井半四郎)の所演。義太夫節の《源氏烏帽子折(げんじえぼしおり)》2段目の翻案。源義朝の妻常盤御前が,今若丸,乙若丸,牛若丸3人の子を連れて雪の木幡の関にかかると,平清盛の命で,義朝の残党を詮議するために関をかためていた弥平兵衛宗清に見とがめられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むねきよ【宗清】

歌舞伎舞踊の一。常磐津ときわず。本名題「恩愛瞔関守おんないひとめのせきもり」。奈河本助作詞。三世岸沢式佐作曲。1828年江戸市村座初演。平宗清が子を抱えた常盤御前を助ける次第の舞踊化。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗清
むねきよ

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。本名題(ほんなだい)『恩愛関守(おんないひとめのせきもり)』。1828年(文政11)11月、江戸・市村座で3世坂東三津五郎の宗清、2世岩井粂三郎(くめさぶろう)(後の6世半四郎)の常盤(ときわ)御前によって初演。顔見世狂言『貢玉雪源氏(みつぎのゆきげんじ)贔屓(びいき)』の三立目(みたてめ)につくられたもので、奈河本助(ながわもとすけ)作詞、5世岸沢式佐(しきさ)作曲。義太夫(ぎだゆう)節『源氏烏帽子折(えぼしおり)』の二段目「宗清館」の翻案だが、常磐津の名曲として知られる。源義朝(よしとも)の室常盤御前が3人の子を抱えて落人(おちゅうど)となり、雪の木幡(こばた)の関に差しかかるが、関守弥平兵衛(やひょうびょうえ)宗清の情けあることばにより、三児を助けるため清盛に従う心を決めるまで。初演のときは、これが牛若丸のみた夢で、覚めると鞍馬山(くらまやま)での牛若の武術修行、のちだんまりになるという趣向であった。1856年(安政3)の再演のときあとへ現行の長唄(ながうた)『鞍馬山』が加えられたが、現代ではそれぞれ独立して上演される。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗清の関連キーワード山姥山姥物蜘蛛の糸釣女薄雪どんつく二人道成寺本名題奴道成寺三つ面子守

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗清の関連情報