喜田村 正次(読み)キタムラ ショウジ

20世紀日本人名事典の解説

喜田村 正次
キタムラ ショウジ

昭和期の公衆衛生学者 神戸大学名誉教授。



生年
大正4(1915)年8月21日

没年
平成15(2003)年1月3日

出生地
京都府

学歴〔年〕
京都帝大医学部〔昭和15年〕卒

学位〔年〕
医学博士

主な受賞名〔年〕
保健文化賞(第31回)〔昭和54年〕,勲三等旭日中綬章〔平成1年〕

経歴
昭和24年京都大学助教授、29年熊本大学教授、35年神戸医科大学教授、40年神戸大学教授、54年神戸学院大学教授を歴任。熊本大教授時代に水俣病研究班に加わり、疫学調査、原因究明などの研究に従事。水俣病をめぐる裁判では患者側の証人として法廷に立ち、発病の仕組みを説明して注目された。のち新潟水俣病研究班、イタイイタイ病の調査にも携わり、自らカドミウムを飲む実験をして話題になった。著書に「水銀」「水俣病」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android