喫煙具(読み)きつえんぐ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喫煙具
きつえんぐ

喫煙に必要な用具。広い意味では間接的に使用する用具も含まれ、喫煙に使用する以外のものも喫煙用品となる場合がある。また、本来は実用的なものであるが、喫煙は嗜好(しこう)として味と香りを楽しむ、心理的には憩いのものであるため、その用具は好みの意匠を凝らした装飾品を兼ねたものが多い。しかも形や意匠はその時代の思潮の影響を受けた、いわば趣味的傾向のものが多い。喫煙形態別に種類をあげると、次のようになる。
(1)紙巻きたばこ(シガレット)用 ホルダー、シガレット・ケース、ライター、卓上灰皿、スタンド灰皿。
(2)パイプ用 コンパニオン(灰押し)、マッチ、ライター(パイプ用)、パウチ(刻みたばこ入れ)、ジャー(室内用刻みたばこ入れ)、パイプラック、リーマンとクリーナー(掃除用具)。
(3)シガー(葉巻)用 シガーカッター、シガー・ケース。
(4)きせる用 刻みたばこ入れ(室内用の箱か壺(つぼ))、たばこ入れ(携帯用)、火入れ、火打袋、火縄、クジラのひげ(掃除用)など。
 来客用には、シガレット・ケース、卓上ライター、灰皿など、それらをのせる台とともにセットになっている喫煙具セットもある。現在はあまり使用されないが、明治・大正時代にはパーティー用セットもあった。[田中冨吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喫煙具の関連情報