営利目的等略取及び誘拐罪(読み)エイリモクテキトウリャクシュオヨビユウカイザイ

デジタル大辞泉の解説

えいりもくてきとうりゃくしゅおよびゆうかい‐ざい〔エイリモクテキトウリヤクシユおよびイウカイ‐〕【営利目的等略取及び誘拐罪】

営利猥褻わいせつ・結婚、または生命や身体を害する目的で、人を略取誘拐し、自己または第三者の支配下に移す罪。刑法第225条が禁じ、1年以上10年以下の懲役に処せられる。営利目的略取及び誘拐罪営利目的略取罪営利目的誘拐罪営利目的略取誘拐罪営利略取罪営利誘拐罪
[補説]略取は、物理的な実力を行使して連れ去ることをいい、誘拐は、だましたり誘惑したりして連れ去ることをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android