コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営城子(読み)エイジョウシ

大辞林 第三版の解説

えいじょうし【営城子】

中国、大連市の旅順地区の北30キロメートルの地。漢代の古墓がある。その壁画は漢代絵画の貴重な資料で、漢文化の中国東北部への波及を物語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営城子
えいじょうし / インチェンツー

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省南部、大連(だいれん/ターリエン)市の北西約20キロメートルにある町。付近に高麗(こうらい)時代の城跡があるのでこの名がつけられた。町の東方から、漢代の甎墓(せんぼ)が発掘されており、なかでも墓内に描かれた壁画は、多くない漢代絵画の遺品としてばかりでなく、当時の風俗を知る貴重な資料である。[關尾史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android