嗷訴(読み)ごうそ

世界大百科事典 第2版「嗷訴」の解説

ごうそ【嗷訴】

強訴とも書き,平安時代中期より室町時代に至るまで,中央・地方の大寺社の衆徒・神人(じにん)が,宗教的権威を背景に徒党を組み朝廷幕府にさまざまな要求を強要した行動である。968年(安和1)興福寺衆徒が春日神木を奉じて入京して以後,院政期に至り最盛を極め,白河上皇を嘆かせた三不如意の一つ比叡山山法師や,山階道理の語を生んだ興福寺衆徒の嗷訴は最も有名である。嗷訴ではしばしば理不尽な訴えが行われ,嗷訴側は神輿神木洛中に動座させ,神仏みずからが訴訟に赴く形をとり,神罰仏罰を盾に有利な裁許を求めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android